ちひろ美術館・東京

学校から近かったのになかなか行く機会がなくてやっと行って来ました。
日曜日だけれど、ごたごたした落ち着かない感じはなく
ゆっくりと時間が流れていて、じっくりと作品を見る事が出来ました。
いわさきちひろさんの絵を見て、
線で全てを表現出来る事が一人前の証のように思えました。
モノクロの世界をあんなにも自由に表現出来るなんて。
塗りと抜きのバランスが絶妙なのですね。
b0053582_21503931.jpg

[PR]
by happydrower-sawa | 2006-01-29 21:51 | 個展


<< ノスタルジー 荒井良二のはじまりはじまり >>